北国のカッティングボード


ブリキのジョーロでは、

今週19日(土)より「カッティングボードの展示会」を開催いたします。

「日本の木を見つめ直す」をテーマに、

日本各地で作られたこだわりのカッティングボードをご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、

北海道・東川にある「北の住まい設計社」さんのcra.v(Craftman Village)ブランド。

家具職人の皆さんが一点一点手作りしている作品たちです。

素材は、無垢材の北海道産のメイプル。

今回のカッティングボードは、「料理と一緒に使うものだから」という思いから、

体に優しい亜麻仁油を使って作られています。

「北の住まい設計社」さんは、廃校になった東川第五小学校を作業場に、

昔ながらの工法、手仕事で、1人1人の職人さんが家具や家を作っています。

道具としての家具、住まいを彩る雑貨、性能のよい家。

「10年後も20年後も大切に使っていけるように。」

未来へ向けての思いと優しさが詰まった

「北の住まい設計社」さんの作品。

ぜひその温もりを感じにいらっしゃってください!

また、26日(土)13:00 ~Workshopを開催致します。

『日本家屋の古材を使ったシダとリプサリスの壁掛け作り』

(8000円+tax Drinkとお菓子がつきます!)

今回は葉山・桜花園さんにお越しいただき、

日本家屋の木材にまつわるストーリーをお話しいただきます。

大変好評で、早い段階からたくさんの方にお申し込みをいただいております。

残席わずかですが、ぜひお気軽にお問合わせください!!


37回の閲覧

Copyright 2015 ©Buriki no zyoro. All Rights Reserved.