小豆島のカッティングボード


今月、ブリキのジョーロでは、「日本の木を見つめ直す」をテーマに、

様々なイベントを開きます。

3月19日(土)~27日(日)までは、

カッティングボードの展示会が開催されます。

日本各地で職人さんの手によって作られた、

カッティングボードをご紹介していくイベントですが、

最初にご紹介するのは、香川・小豆島「magokoro」さん!

小豆島と言えば、オリーブの産地として有名ですね。

地元の家具職人さんが手作りしているカッティングボードです。

原料となる木は、樹齢100年以上のオリーブの古木。

オリーブの生産が盛んな小豆島ですが、

実は100年以上の古木はまだ多くありません。

この原材料は、オリーブの産地であるチュニジアで

magokoroさんが出会った、

森林伐採で廃棄されそうになっていたオリーブの古木です。

この美しい木をなんとか救いたい!という思いから、

magokoroさんが持ち帰ってきたオリーブ。

オリーブは硬い木質が特徴で加工が難しいとされていましたが、

現地の家具職人さんの技術とデザインで、

素敵なカッティングボードにと生まれ変わりました。

何百年もの歳月をかけて刻まれた木目は一つ一つ違ったもの。

ぜひこの機会に、それぞれの木目やシルエットを見て触れて、

「この一枚!」と思えるボードに出会いに来て下さい!

展示会では、「NEXT WEEKEND」さんがプロデュースした

奈良・吉野の桜のカッティングボード、

「北の住まい設計社」さんの北海道・東川のメープルのカッティングボードなど、

日本各地の素敵なカッティングボードをご紹介します。

こちらのブログで情報をUPいたしますので、お楽しみに~。

-----------------------------

「magokoro」さんは小豆島ヘルシーランド株式会社のブランドです。

【小豆島ヘルシーランド株式会社】

瀬戸内海に浮かぶ小豆島から、オリーブをまるごと活かし、

人々の美しい生活をサポートする商品・サービスを提供。化粧品事業を軸に、

オリーブと小豆島の可能性を追求しています。

http://shl-olive.co.jp/

------------------------------


247回の閲覧

Copyright 2015 ©Buriki no zyoro. All Rights Reserved.